抜け毛の原因は栄養不足!?

抜け毛の原因の一つに栄養不足があるってご存知でした?
特に女性はダイエットなどで栄養バランスが偏りがちになります。
頑張ってダイエットに成功したとしても頭髪が抜けてしまっては何にもなりませんよね。
勿論、髪にも栄養が必要ですから満足に栄養が行き渡らない状態では抜け毛の原因になってしまいます。
ミネラルを初めとする髪に必要な栄養素の不足と共にダイエットの精神的苦痛からくるストレスなどが髪の毛が抜ける原因と言われています。
一日50〜100本の抜け毛は普通にあると言われていますので(自然脱毛)心配する必要はないのですが、極端に多く抜け落ちるのは心配ですよね。
わかい女の子は心配になっちゃいますね。



あなたの頭皮は栄養不足です!!

高額なヘアーサロンに通うことなく自宅で簡単に出来る発毛、育毛法をお教えします。

ボリュームのある髪の毛を手に入れて、人目を気にすることなくオシャレを楽しみたくありませんか?



↑小林弘子さんの【サイエ式】育毛発毛プログラムの公式ページはこちらです↑

抜け毛の悩みはありませんか?


・シャンプーの後の抜け毛が気になる。
・分け目が目立って困る。
・髪にボリュームがなくペタンコになってしまう。
・好きなヘアースタイルに出来ない。

やさしく髪を洗っているつもりなのに洗面台に沢山の毛髪が抜けてしまって悲しい思いをしてしまう。
ボリューミーでツヤがあり好みのヘアースタイルを満喫したいですね。
上記のような症状に苦しんでいる方は沢山います。
あなたはいくつ当てはまりましたか?

育毛の常識・・それは間違いです


・薄毛の原因は遺伝だと思っている
・お金をかけないと薄毛は良くならないと思っている

上記のように考えている人もいらっしゃると思いますが、そうではありません。
生活習慣のちょっとした改善やシャンプーの選び方、頭皮マッサージの方法で抜け毛、薄毛は改善出来るのです。

薄毛のタイプは色々


一口に薄毛ハゲといっても様々なタイプがあって、その原因も対策もそれぞれ違います。
自分がどのタイプの薄毛なのかを把握して、それに合った対策を取らないとかえって、逆効果ということにもなりかねません。

・びまん(瀰漫)性脱毛症
髪全体が薄くなったり、細げになるタイプ、女性の多くがこのタイプなのではないかと思います。地肌が目立つようになった。分け目やつむじが薄くなった等。加齢や老化が主な原因。

・女性男性型脱毛 FAGA(Female Androgenetic Alopecia)
女性でありながら、男性のようなM字型に禿げるタイプ。特に閉経後に多い、30代後半くらいから加齢により女性ホルモンの分泌量が減っていき、その結果として相対的に男性ホルモンの影響が強く出る事で起こると言われています。

・分娩後脱毛症
出産によってホルモンバランスが崩れることで起こります。分娩〜授乳期のホルモンバランスによるものですから、ある程度の期間で治まることがほとんどです。

・牽引性脱毛症
髪の毛が牽引(引っ張られて)されて抜けていき、そこがはげるタイプ。いつも同じ髪型をしている。例えばポニーテールを常にしていたり、よくエクステやカチューシャを同じ部分ばかりでしていて、髪の毛が引っ張られることで起こります。ブッラッシングもいつも同じ場所に分け目を付けていないかチェックしましょう。

・粃糠(ひこう)性脱毛症
珍しいタイプの脱毛症ですが、頭皮の角質異常で起こります。フケが多く出るのが特徴です。ただし、ふけが多いと言うだけではこのタイプとは言い切れませんのでご注意。

・脂漏(しろう)性脱毛症
頭皮からの皮脂分泌が多く、毛穴を塞いだり、炎症が起こることが原因と考えられています。

・円形脱毛症
円形に髪が抜けてしまいます。良くストレスが原因と言われますが、最近は自己免疫疾患が原因で発症するのではないかと言われています。

・AGA(男性型脱毛症)「Androgenetic Alopecia」
エージーエーと言って、成人男性に見られるタイプ。男性ホルモンの影響により、頭髪が薄くなる。生え際が後退する。壮年期だけでなく若い世代にも・・・。若年性のハゲ、若はげの原因のひとつ。大学時代からnukegeに悩んでいて・・・なんていうのはこれかも。眉毛が薄いのは違うと思いますが・・白髪の方がまだまし、なんて言ってる人もいますね。

薄毛・抜け毛の原因は何?


抜毛、薄毛の原因は、ヘアサイクルの乱れ、栄養不足、頭皮への血流低下など、多種多様ですから、その特定が難しい場合もありますが、代表的なものを紹介します。

女性の抜け毛の原因は?


・無理なダイエット
・老化によるホルモンバランスの乱れ(エストロゲン・女性ホルモンの減少)
・女性ホルモンの分泌は40代になると減少する
・出産後のホルモンバランスの乱れ
・生活習慣の乱れ
・頭皮ケアが疎か
・ストレス
・女性型脱毛症
・びまん性脱毛症 : 分け目が目立つ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ
・女性男性型脱毛症(FAGA) : 閉経後になりやすい、生え際がやばい、閉経後は男性ホルモン優位になるため
・頭皮の健康状態の悪化

男性の抜け毛の原因は?


・男性ホルモンの影響
・ストレス
・食生活の乱れ
・質の悪い睡眠
・飲酒・喫煙
・シャンプー
・紫外線
・髪の毛の牽引(けんいん)

食品で薄毛対策


髪の毛の材料になっている食品は大切です。
食べ物はなんと言っても栄養バランスが大切です。
ビタミンやミネラルなどをバランス良く摂る事が大事。
育毛には特にミネラルが重要と言われています。

ミネラルには免疫力を高めて体のバランスを整えてくれる力があります。
具体的な食品名は伏せられていますがあるものを摂取するだけで免疫アップになり、結果としてusugeが改善するというものです。
この食材は決して高価なものでは無く、普通に楽天で購入出来るものだそうです。
普通に売っている食べ物で薄毛が改善出来るなら副作用の心配もありませんね。
亜鉛は育毛には効果的な栄養素ですし、亜鉛の吸収を助けてくれるビタミンCも摂った方が良いでしょう。ビタミンB群も効果的と言われています。
カプサイシンやイソフラボンが効くのではないかとの情報もあります。

頭皮ケアで抜け毛対策


頭皮の状態はとても大切です。
頭皮が堅く血行が悪い状態ですと大事な毛根に栄養素が行き渡らなくなってしまいます。こうなると生える物も生えなくなりますよね。
ですから頭皮の血行を促進するのが大切です。
洗髪の時に優しく頭皮をマッサージしたり、丁寧に指の腹を使い洗い上げていくようにします。
ここであまりにも強く引っ掻くような洗い方は逆効果です。
あくまで頭皮には優しくしましょう。
スカルプケアと髪のお手入れが肝心です。
使っているシャンプーが頭皮や髪質に合っているかも考えながら選びましょう。毎日使う物ですから慎重に。
また、洗髪したらきちんとドライヤーで乾燥させる習慣を付けましょう。濡れたまま長時間放置すると雑菌が繁殖しやすく、ぬけ毛の原因になる可能性があります。

体の中からのケアと頭皮に栄養を行き渡らせる


他にも睡眠不足や頭皮の血行不良、冷え性なども抜け毛の原因になります。
間違った食事制限をして筋肉が落ちると新陳代謝が落ちて冷え性の原因にもなったりします。
また、栄養不足は免疫力の低下も招き病気への耐性も低下してしまいます。
髪や頭皮のケアも勿論大切ですが同じくらい体の中からケアしてあげることも重要です。
睡眠を十分取るなど、生活習慣を変えることも大切です。
体の働きを整え、免疫力をアップして抜け毛を防止しましょう。

養毛剤、育毛剤のランキングについて


当サイトでは現在のところ養毛剤、育毛剤、トニックなどの比較ランキングは発表していません。人気のある物も多数あります。
通販サイトをみればヘアケア用品は沢山ありますし、リーブ、アートネイチャーなどのサロンや治療院、クリニックも沢山あって増毛や植毛の相談なんかにも乗ってくれますね。本数やメニューによっては結構費用が高かったりします。最新のレーザー治療やハーグ(HARG)療法もそれなりの経費がかかります。
かつらも同様で良いカツラになるほど、高額です。個人差があるので、どの対処法が最強とは断言できません。
病気が起因するものであれば病院での治療が必要なものまであります。
突然、沢山の脱毛があって、お風呂の排水溝が詰まりそうになるほど抜けるのはちょっと異常かもしれませんね。脱毛の理由、原因、対策にも個人差があります。
サプリメントを飲んで効果があったり、漢方の服用やプロペシアのような薬を飲むなどで治った、と言うこともあります。
皮膚や頭皮が原因なのか、普段の生活やケアの仕方が原因なのかは難しいところです。
人によっては季節性があって、春夏秋冬で抜け毛が増える人もいます。
頭頂部が特にひどいとか、前髪、側頭部、後頭部、生え際が剃り込み状になるなど、症状も様々。更年期や不摂生が関係する場合もあります。
育毛剤自体も成分にこだわりを持った物が増えてきました。
アロエやみかん等の柑橘系成分、ホホバ、ノコギリヤシ(ソーパルメット)、スピルリナ等の天然成分が配合されたもの、薬用のもの、ミノキシジルなどの今、評判になっている成分が入っているものもあります。

女性の場合、髪が生え変わる周期のヘアサイクルは、平均約5年〜6年と言われています。
はえ始まりから成長期(約5年) → 退行期(数週間) → 休止期(約3ヶ月) → 最終的に抜け落ちる。
髪は1ヶ月で1cm程度伸びます、1年で約12cmくらいの長さになります。サイクルは決して短くはないですね。ですから、ヘアー自体のケアも大切な要素です。
脱毛が酷いなら増やしてikumou、対処したいですし、抜けてしまう前に予防しておきたいものです。
抜毛の進行を防ぐ商品やグッツは種類が多く、多種多様です。一刻も早く禿げを解決、克服したいですね。

当サイトではあくまで成人の薄毛についての情報を簡単にお伝えしている程度ですので、高校生や幼児などの子供、赤ちゃんには対応しておりません。また、本格的な医療が必要な場合もあるでしょう。病気や深刻な症状については医師等、専門家の見解を求め、必要ならば専門医から医薬品の処方をしてもらうなど、しっかりと治療するようにしてください。



↓小林弘子の【サイエ式】育毛発毛プログラムの公式ページ↓