抜け毛を予防する為に自分でするべきこととは

年齢と共に抜け毛が気になるようになると、育毛剤を使って頭髪の成長を促進することで、薄毛対策になるだろうかと考えるものです。髪や毛根に直接働きかけるような抜け毛予防だけでなく、身体の内部から行うケアもあります。

抜け毛が増える原因の一つに、頭皮がダメージを受けているという点があります。髪を洗うと抜け毛が多くなるのが嫌で髪をしっかり洗おうとしないという人がいますが、それでは汚れが毛穴に詰まったままです。また逆に、良く洗い過ぎても必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮にダメージを与えてしまっている可能性もあります。

抜け毛の予防の為には、合成界面活性剤の入った洗浄力の強いシャンプーではなく、アミノ酸を含んだ育毛シャンプーを使用します。食事でしっかりと栄養を摂取し、偏った食事にならないよう心がけることも大事です。髪にも栄養が行き届くよう、必要な量をきちんと食べましょう。

油料理や、肉料理、炭水化物の多い食事ばかりとっていると身体によくありませんので、野菜や果物、魚や海藻などを摂取するといいでしょう。お酒を飲むとアルコールを分解するために毛髪の形成に使われるアミノ酸を消費するので、必要なアミノ酸が不足して、細くて弱い毛髪しか生えてこなくなります。

就寝時間をきちんと確保して、質のいい睡眠をとることで、身体の細胞の働きが高まり、抜け毛を予防する効果を得ることが可能です。普段からストレスを感じている人は、筋肉が緊張して血管が収縮するので頭皮の血行が悪くなるので、抜け毛を予防するにはリラックスした状態になる様にストレスを溜めないことも大切です。抜け毛を予防するには、生活習慣や食習慣を見直すことが大事ですが、どれも健康のため役立つものばかりなので、すぐにでも実践していただきたいものです。

女性の薄毛には生活習慣を整えて薄毛対策を


人間の髪は、年をとると一本一本が細くなって、本数が減るだけでなく、髪自体が痩せてきて、ボリュームダウンします。薄毛で悩んでいる女性の中には、赤ちゃんを産んだことで髪が抜けやすくなる人もいます。抜け毛の量や、髪の太さは、女性ホルモンと密接に関わっています。

年をとると髪が痩せたり、抜けやすくなる女性が多いのは、加齢の影響や、出産のために、女性ホルモンの分泌量が少なくなることがあるためです。薄毛対策の必要性を感じた時に、まず取り組むべきことはヘアケアもありますが、日々の生活習慣を見直し、健康的な暮らし方をすることです。

ダイエットのためにと肉を制限している人もいますが、たんぱく質から得られるアミノ酸は、髪をつくる大事に原材料です。野菜や果物、海草、魚介類などからビタミンやミネラル分をきちんと補給することで、血液の流れをスムーズにし、栄養を運搬しやすくします。

女性ホルモンの働きが薄毛と関係していると言われていますが、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに近い作用があります。夜中の10時から2時までの間は、ぐっすり眠っていれば成長ホルモンが分泌されて髪の成長を促進している時間帯です。

新しい髪がたくさんつくられるように、成長ホルモンが活発に動く時間帯には、眠りについていることがポイントになっています。指の腹で優しく頭をマッサージすることで、皮膚が柔らかくなり、毛根につながる毛細血管まで血液が循環しやすくなって髪の成長が助けられます。

育毛剤を用いて薄毛の対策を行う人も多いですが、早寝早起きの習慣や、髪の健康に役立つ食事、生活リズムを整えることも効果的です。